製造工程

手作り、無添加にこだわったさんまの開き干しの製造工程

さんまは北海道産

北海道産の秋刀魚
北海道海域で水揚げされたさんま(原料)を自然解凍します。
季節や気温に合わせて解凍開始時間を変えています。

丁寧に手作業

丁寧に手作業
さんまを一尾一尾、機械ではなく丁寧に手作業で開いていきます。

内臓や血合いをきれいに取り除きます。
熟練した職人の見事な手さばき!!丁寧なのにスピーディ!

美しく優しい仕上がりはこの手作業によるもの。

海水と自然水の調合

秋刀魚
海水と自然水を調合してよく洗います。
海水を混ぜることでさんまの鮮度を保ちます。

氷塩水に漬け込みます。
氷を入れるのは鮮度を保ち身をきゅっと引き締めるためです。

もう一度サブ洗いします。
余分な塩分を取り除き、まろやかな塩味に仕上げます。

冷却乾燥機

冷却乾燥機
特殊セロハンで一尾一尾ていねいに巻いていきます。
その速さはわずか5秒足らず!!

冷却乾燥機にて乾燥させます。
コンピューターではなく、職人がその日の温度、湿度、天候で時間を決めます。
職人の長年の勘が冴え渡る瞬間です!

袋詰と検品

袋詰と検品
冷却乾燥機後の出来たてのさんまの開き干し。

袋詰めも丁寧に手作業で行います。
金属探知機に通し、一尾一尾細かなチェックが入ります。

箱詰・出荷

箱詰・出荷

箱詰めして皆様の元へお届けします。